今すぐシロアリ相談!

お名前 (必須)

ご住所 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

添付ファイル

お問い合わせ内容

放っておくと怖いシロアリの恐怖とは?

  • シロアリの被害状況
  • シロアリとは家の木材を食い荒らす昆虫です。女王シロアリは世界で最も長寿の虫と知られており、30〜50年間生存しているとも伝えられています。そのため、一度家に巣を作られると何十年に渡って家の木材を浸食し続ける恐ろしい害虫です。

    木造住宅の劣化原因は1位は腐朽、2位はシロアリとなっています。また、関東甲信越のシロアリ被害率は50%と半分もの住宅がシロアリの被害により家が劣化している現実があります。

    建築基準法でも「構造耐力上主要な部分である柱、筋かい及び土台のうち、地面から一メートル以内の部分には、有効な防腐措置を講ずるとともに、必要に応じて、しろありその他の虫による害を防ぐための措置を講じなければならない。」と明記されるほどシロアリに対して真剣に考えなくてはなりません。

黒くてもシロアリ!シロアリの種類

  • ヤマトシロアリ

    地下シロアリ

    最もポピュラーで全国で出現します。土壌から働きアリが侵入して木材を侵害します。

  • イエシロアリ

    地下シロアリ

    最もポピュラーで全国で出現します。土壌から働きアリが侵入して木材を侵害します。

  • アメリカカンザイシロアリ

    乾材シロアリ

    駆除が困難な羽アリのシロアリ。木部・換気口・窓などから羽アリが侵入し木材を侵害します。

家の周辺でこれらのシロアリを発見した場合、家がすでに侵食されている可能性もあります。
これもシロアリ!?と不安や疑問の方はメールフォームにて写真を添付できますので今すぐご連絡ください!

※シロアリの調査対象は愛知・岐阜・三重の施工範囲エリアに限定させていただいております。
それ以外の県からのメールは返信いたしかねる場合がございます。ご了承ください。

シロアリが大好きな木の種類

  • シロアリには好んで食べる木の種類が存在します。日本ではヒノキに対して抗菌効果や防虫効果があるという話がありますが、シロアリに対しては効果がありません。むしろ、ヒノキを好んで食べます。日本の家では土台や柱にヒノキを使うことが多くあります。そのため、全国的にもヒノキに対する被害は多数報告されています。ヒノキへの過信に気をつけてください。

    ヒノキ土台

    家の土台や構造の柱として使われるヒノキ材

  • ●シロアリの好む木材ランキング

    順位樹種
    1位スプルース
    2位ベイツガ
    3位ヒノキ
    4位ゴム
    5位アカマツ
    6位ベイマツ
    7位スギ
    8位ベイスギ
    9位カラマツ
    10位ブナ

ホウ酸シロアリ対策が選ばれる3つの理由!

たった1回の施工でずっと安心!
だからとってもお得!

  • シロアリ対策の経年変化による違い
  • ホウ酸を使用したシロアリ対策は一度噴霧すると揮発・分解しないため、水に溶けて流れてしまったり、塗った部分が剥がれない限り効果が減退することはありません。また、揮発しないため家の中の空気を汚すこともなく効果は半永久的に持続。ホウ酸以外にも合成殺虫剤がシロアリ対策として使用されますが、これは農薬にも使われる成分です。合成殺虫剤を使ったシロアリ処理の場合は5年に1回の再施工が必要となり、一生涯再施工繰り返さなくてはいけません。また、施工後も徐々に効果が薄れていきます。ホウ酸シロアリ対策は合成殺虫剤のシロアリ対策に比べて安心・手間なく・コストパフォーマンスがいいです。

価格一例(床下 70㎡)
40年間のシロアリ対策にかかる費用の比較

シロアリ対策の経年変化による違い

◎1回の施工価格は高く思われるかもしれませんが、トータル的に考えて圧倒的にお得です。また1回の施工で半永久的に効果が続くため シロアリについてその後は気にしなくてもよく、施工依頼を忘れて気がついたらシロアリの被害にあっていたということはありません。(念のため保証内での定期点検は行いましょう)

妊婦や小さいお子様も安心・安全!
人体への影響なし!

  • ホウ酸は天然資源です。海水・淡水・植物・土など様々なところでホウ酸の成分は存在しています。一般的にもモノモライの洗顔用の点眼液やホウ砂やゴキブリ団子などにもホウ酸が使われています。ホウ酸は腎臓で処理され尿で排出されるため哺乳動物には全く影響のない安心・安全なものです。

    一般家庭におけるホウ酸が使われているもの
    ●目薬(ものもらい用)
    ●ゴキブリ団子
    ●スライム
    ●農業肥料

  • ホウ酸は天然資源

シロアリ・害虫に効果絶大!

人的には影響のないホウ酸ですが、腎臓を持たないシロアリ・クロアリ・キクイムシ・ゴキブリなどの害虫は、ホウ酸を摂取し細胞のホウ酸塩濃度が一定に達すると代謝がストップし餓死します。そのためホウ酸は害虫に効果が絶大です。

ホウ酸シロアリ対策は世界では当たり前!
世界基準の対策で家を守る!

  • ホウ酸は天然資源
  • 前述でもお伝えしたようにホウ酸は自然素材で、環境にも人にやさしい成分です。 このため環境先進国のアメリカやオーストラリアでは、シロアリ対策にホウ酸を使用することが一般的になっています。 また、カリフォルニア大学やマウントサイナイ医科大学では、農薬を使用した際の近隣住民の健康被害研究結果も発表されており、妊娠中の合成殺虫剤の使用警告などが発令されており、州の法律によっては使用禁止となっているところがあります。 環境にやさしく揮発性がなく効果が持続するホウ酸を使用したシロアリ対策が世界では進められています。

ホウ酸シロアリ対策で家を守る!
木造住宅の劣化原因の多くは
「腐朽」と「シロアリ」です。

1位腐朽カビ・木材腐朽菌(キノコ)の繁殖
2位シロアリヤマトシロアリ・イエシロアリ・アメリカカンザイシロアリ

ホウ酸によるシロアリ対策についてご説明してきましたが、家を劣化させる一番原因である腐朽(腐ってボロボロになること)にも同じように有効です。家の建材を栄養に成長する木材腐朽菌の胞子やカビもホウ酸の成分により死滅させることが出来、これにより家を劣化させる原因の1位・2位をホウ酸を噴霧することに解決できます。

また、建築基準法では家を劣化させないための措置をするように下記のとおり定められています。

シロアリに対する建築基準法の明記

【建築基準法:建築基準法施工令第49条2】
「構造耐力上主要な部分である柱、筋交い及び土台のうち、地面から1メートル以内の部分には、有効な防腐措置を講ずるとともに、必要に応じて、シロアリその他の虫による害を防ぐための措置を講じなければならない。」

住宅建築時に劣化を防ぐため柱1mまで木材に保存剤で処理を行います。

合成殺虫剤の場合は5年ごとに再処理が必要となりますが、実際のところ断熱材や透湿防シートで再処理が不可能に。処理が、年々効果が薄くなるため10年程度にシロアリの大きな被害にあったという話もあります。再処理できないところに使用されるならば半永久的に効果のあるホウ酸での処理をオススメします。

シロアリ危険度チェック!

シロアリの被害が大きくなる前に早めの行動が大切です。1つでも当てはまる方はまずは無料相談にご連絡ください。複数チェックのある方は要注意です。

今すぐ確認!シロアリチェックシート

  • 歩くと床やフローリングがペコペコする
  • 柱や畳、窓枠などに虫食いの跡がある または土がついている
  • 近所でシロアリ被害が出た
  • 羽アリが飛んでいたり、大量に見かけた
  • 基礎にひび割れがある
  • 雨漏りがある
  • リフォームなどの増改築を行った
  • 部屋がカビ臭く感じる
  • 風通しが悪く部屋全体が湿気がたまったような感じがある
  • 庭に池 または近所に川などがある
  • 日当たりが悪い
  • 屋根がなんとなく波たっているように感じる
  • 築5年以上 または前回の予防工事より5年以上経過している
Top